音程感

こんにちは。
自由が丘ティールミュージックスクールです。

皆さん、「ドレミファソラシドを声に出して言えますか?」
と聞かれたら、ほとんどの方が
「そんなの知ってる!ド~レ~ミ~ファ~・・・」
と声に出して下さると思います。
いやいや、簡単すぎでしょ!?小学校の時に習ったし!
と思われるかもしれません。

しかしこれが以外と難しいんです。笑
レコーディングをしてみるとよく分かるのですが、アカペラで正確なドレミファソラシドを口にするのは至難の技です。
大体の方が途中からずれていってしまいます。

音程を取るというのはボイトレの基本とも言えることですが、正確に音程を取るのは実は難しいと考えてみるといいでしょう。

音階練習も集中してしっかり正確な音程を意識してみてください。
なんとなく流してやっているのとでは後々大きな差が出てきます。

音程の奥深さに気づくと、レッスンがより楽しくなりますよ。

自由ヶ丘の音楽教室ティールミュージックスクールのHPはこちら

関連記事

  1. リズム感について

  2. 腹式呼吸のやり方|自由が丘のボイストレーニング

  3. 「ハモり」の練習をしよう!

  4. 地声か裏声か?

  5. 喉を締めないで声を出す方法

  6. カラオケ上達!ガイドボーカルを活用しよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。