ウクレレを買う時に気を付けること

こんにちは。自由が丘ティールミュージックスクールです。

今日はウクレレの生徒さんから良く質問される
「最初に買うウクレレはどれくらいの値段のものを買えばいいですか?」
という質問に答えていきたいと思います。

今はウクレレの似合う季節ですし、「手軽に持ち運びの出来るウクレレを買って、夏気分を味わいたいな〜」と思う方も多いのではないでしょうか?
でも最初にどんなウクレレを買っていいのか分からない・・・。
安いものは2000円くらいから、高いものは200000円を超えるものもあるし・・・。
と、なりますよね。笑

出来るだけ安く欲しいけど、おもちゃみたいなものは嫌だ感じる方も多いと思います。

そこで、最初にウクレレを買う時に後悔しないチェックポイントを2つ挙げてみましょう。

ギアペグを採用したウクレレを買おう!

まず、ウクレレのペグ(弦を巻く部分のところ)は2種類に分けられます。
それは

ストレートペグ
ギアペグ

の2種類です。
ストレートペグは普通のペグで、ギアペグはギアを搭載したペグだと考えて下さい。

違いは2つあります。

・ペグを回した時に少しずつ弦を張ったり緩めたり出来る(細かくチューニングが出来る)のがギアペグ
それが出来ないのがストレートペグ
・ネジのみでペグを固定していて、ネジが緩んでくるとチューニングが不安定になるのがストレートペグ
その心配がないのがギアペグ

ということになります。
そうです、もう答えは明白なのです。笑

私は両方のタイプのウクレレを所持していますが、これは断言できます。
ギアペグ搭載のウクレレを買いましょう。

昔はギアペグ搭載のウクレレは高価なものが多かったのですが、最近は5000円を切るようなウクレレでも搭載される事が多くなってきました。
ギアペグを搭載しているかどうかは、ウクレレを買う時に気を付けるべき最大のポイントと言っても差し支えないと思います。

フレットがきれいに打ち込まれているウクレレを買おう!

フレットとはウクレレのネック(指板)に打ち込まれている銀の棒の事です。
このフレットがあるおかげで、どこを押さえれば何の音が出るのかが分かります。

残念ながら5000円以下のウクレレはこのフレットの処理が甘い(フレットが飛び出している)事が多いです。
フレットの処理が甘いと、ウクレレのネックを左手で触りながらスライドさせている時に、フレットが手に当たってしまう事になります。
これは結構痛いです。笑

せっかくギアペグを掲載していても、ウクレレを演奏する時に痛くて集中出来ないというのは本末転倒ですよね?
比較的安価なウクレレは個体差もあるようです。
出来るだけウクレレを手にとって、実際に左手でスライドしてみましょう。
ちょっと手に引っかかるなと感じたら購入は見送った方が賢明な判断かと思います。

まとめ

以上の点を踏まえると、最初に買うウクレレとして私がオススメしたいのは1万円前後のウクレレです。
1万円程度の予算があれば ギアペグを掲載していて、フレットの打ち込みがしっかりしているウクレレを買うことが出来ると思います。
音もこの値段あたりからはグッと良くなりますよ。

もちろん音には好き嫌いもありますし、安いウクレレのチープな音が好きという方もいらっしゃると思います。
実は私もチープな音がけっこう好きです。笑

ただ、演奏面から見ても、ギアペグを掲載してフレットの打ち込みがいいウクレレを買うのが一番損のない買い物になると思います。
やはりストレスなく演奏できると楽しいですし、その分上達も早いです。

素敵なウクレレを手に入れて、快適で楽しいウクレレライフを送って下さいね!

自由が丘のウクレレ教室ティールミュージックスクールのHPはこちら

関連記事

  1. ウクレレの木材

  2. Famous FS-3

  3. ウクレレのhigh(ハイ)G、low(ロー)Gって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。