DTMとは?

こんにちは!
自由が丘ティールミュージックスクールです!
本日はDTMについて説明していこうと思います!

単語は聞いた事あるがどういうものなのか、またどうやって始めたら良いのかなどを
書いていけたらと思います!

“DTMとは”

DTMとはデスクトップミュージックの略称です。
パソコンを使ってアレンジ、録音をし曲を製作する事を指します。

現在世に出回っている楽曲のほとんどはDTMによって作られたものと思って頂いて大丈夫です!

一昔前はテープを切り貼りし何回も巻き戻したりしてレコードを作成していましたが、パソコン上で作れる様になり飛躍的に音質、クオリティが上がりました。

“どういう事が出来るの?”

1番良く使う用途としてはマイクを繋げてギター、歌の録音は勿論のことで、
ドラムやベース、オーケストラなどを演奏せずにクリック作業で作る事ができます!

なのでシンガーソングライターなどで自分でドラム、ベースを作ってしまい曲をギター、歌を録って発表してる方も多いですね。
米津玄師さんはデビュー前にネット上に全部自分で作った音源を発表しており、それが目に留まりデビューを果たしました。

ベースやドラムなどを演奏せずに作る事を打ち込みと言ったりもして、アイドルの楽曲などは打ち込みで作られている事が多いです。
ギターも打ち込み出来るのですが、他の楽器に比べてクオリティが高くない(ギターは演奏方法や音色などがとても多く、打ち込むとなるととても時間もかかります)のでギターは自分で演奏できる方はした方が良いかと思います。

“DTMを始めるにあたって必要なもの”

DTMをする為には編集ソフト、通称DAW(ダウ:デジタルオーディオワークステーションの略)が必要です。
色んな種類があり、どれが良いかなどは一概に言えないですが、最低限パソコンのOSに合う物を買って下さい。

それとDAWとは別にオーディオインターフェイスという物が必要です。
これはマイクやギター、ヘッドフォンをパソコンに繋げるもので、音をデジタルデータに変換する為に必要です。
これもさまざまな種類がありますが、マイク、ギターを1本ずつ、ヘッドフォン接続が1つあるものを買えば事足りるかと思います。

この2つが揃っていればすぐにDTMは始めれます!

以上簡単にDTMを説明してみました!
tealでもDTMレッスンできますので、興味のある方は是非先生に聞いてみて下さい!

自由が丘の音楽教室、ティールミュージックスクールのHPはこちら

関連記事

  1. 腹式呼吸のやり方|自由が丘のボイストレーニング

  2. ギターは楽器屋さんで買うといい!?

  3. ギタリストの爪はどうするの!?

  4. 地声か裏声か?

  5. ハンマリング

  6. ボイストレーニングとライブ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。