LOOP BOX

こんにちは!
自由が丘ティールミュージックスクールです!
今日はライブでの強い味方、LOOP BOX(ループボックス)について説明します。
個人的には、主にこのループボックスをABセレクターとして使っているのですが、それ以外にも色々な使い方ができますね。

一番代表的なものでは、「エフェクターをまとめてオン、オフにするという機能」です。

コンプレッサー、ディストーション、コーラス、ディレイといったエフェクターを繋いでおいて、まとめてオン!まとめてオフ!といったことが可能になります。

「エフェクターで凝った音もつくりたいけど、アンプに直接繋いだ音も捨てがたい!!」
といった人にはオススメですね。エフェクターを並べることによる音の劣化を防ぎながら、アン直の音も出せてしまいます。
今回紹介しているループボックスはトゥルーバイパスなので、音の劣化に不安を感じている方にもより安心です。

ちなみに私は先日の演奏で、このループボックスをABボックスとして使用しマルチエフェクターと一緒に繋げました。
こんな感じです。

この写真では小さくて分かりづらいかもしれませんが、ループボックスのINPUTにギターから、RETURNにウクレレからシールドを繋いでいます。
そしてOUTPUTからマルチエフェクターにシールドを繋いでいます。
そうすることによってボタン一つでギターとウクレレの変換が出来ますし、1本にまとめてマルチエフェクターに繋いでいるため、ギター、ウクレレ共に共通のエフェクトをかけることが可能となります。
そして、ダイレクトボックスに繋ぐシールドは1本で済むということですね。

なんとスッキリ!!

ギターとウクレレで演奏するからダイレクトボックスを2つ用意して、それぞれにエフェクターをかけるとなると大変ですよね。
荷物も多くなるし・・・。
しかしこういった時にでも役に立ってくれるループボックスには大助かりです。

皆さんも是非買ってみてはいかがでしょうか?
色々と役に立つこと間違いなしです!!

関連記事

  1. 耳が鍛えられる!?|チューニングの極意

  2. チューナーの使い方

  3. アドリブ初歩-keyを当てよう!

  4. ギタリストの爪はどうするの!?

  5. アコギのピックアップ

  6. ギターは楽器屋さんで買うといい!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。