ベースってどんな楽器?

こんにちは!自由が丘ティールミュージックスクールです!
 
最近新しくベースコースができました。
今回はベースという楽曲がどういったものかの説明をしていこうと思います!
 
 

“ギターとベースの違い”

 
ギターは弦が6本ありますが、一般的なベースは弦が4本しかありません
ギターの弦よりかなり太く、それによりギターよりも低い音程を奏でる事ができます。
上で一般的と書きましたが、5弦ベースや6弦ベースなど様々な種類があり、より低音が出せたり、ギターと同じような音程が出せたりするものもあります。
 
 

“ベースの役割って?”

ベースは楽曲の低音をドラムと一緒に支えて、リズム感を出す大切な役目をになっています。
またコードのルート音を決める役割も担っており、リズム、コードの両方支えるとても重要な楽器です。
普段はあまり注目して聞かれないパートではありますが、ベースがいなくなると途端に迫力が無くなったり、ノリが消えたりします。
それを利用して弾かないセクションもあったりしますが、ポップスやロックには基本的に入っています。
 
 

“アコベースってあるの?”

 
ギターはエレキギター、アコースティックギター 、クラシックギターと種類が沢山ありますが、ベースは他にあまり聴き馴染みが無いかもしれませんがアコースティックベースもあります。
アコースティックな楽器(カホン、生ピアノ、ウクレレなど)のみでアンサンブルする時などに使われる事が多いですね。
 
 
 

“最後に”

 
ベースの簡単な説明でしたが興味は持ってもらえましたでしょうか
ベースは同時に複数の弦を押さえる事が多くないので、最初に始める楽器としては非常に向いています!
既に通われている生徒さんも試しにベースレッスン受けてみるのも楽しいかと思いますのでお待ちしております!
 
 

関連記事

  1. 4月4日(土)、4月5日(日)臨時休校のお知らせ

  2. 3月28日(土)、29日(日)の臨時休校につきまして

  3. 臨時休校のお知らせ(4/8~5/6)

  4. エフェクターを使ってみよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。