レスポール|エレキギターの種類

こんにちは!
自由が丘ティールミュージックスクールです!
今日は前回に続き、エレキギターの種類を説明してみます!

前回はストラトキャスターでしたが、今回はギブソン社が製造していて有名なレスポールについてです!

レスポールの特徴

レスポール最大の特徴は、やはりその音の太さではないでしょうか。
ストラトキャスターがシングルコイルのピックアップを搭載しているのに対して、レスポールはハムバッカーというピックアップを掲載してます。と言ってもハムバッカーは、構造的にはシングルコイルを2つ並べたものです。その分、音の太さが増すということですね!

そして重い!まあ重い!重量があるというのも特徴だと思います。

レスポールも、ストラトキャスターと同様、色んなジャンルで弾かれていますね。
歪みを効かせないクリーンなサウンドでは、太く甘い音を生かしてジャズ等に使われたり、逆に深く歪みませたディストーションサウンドでは、パワーコードをメインにしたパンク(メロコア)等にもよく使われます。

レスポールの音の太さか、ストラトキャスターの細く分離のいい音か、どちらを使うか悩ましいですが、出来れば2つとも弾いて違いを楽しんでみて下さいね!

自由ヶ丘のギター教室、ティールミュージックスクールのHPはこちら

関連記事

  1. key(キー)って何だろう?メジャーキーやマイナーキーについ…

  2. ショートスケールのギターってどうなの?

  3. リズム感について

  4. アンプを買おう!

  5. オンコードとは?

  6. ギターは楽器屋さんで買うといい!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。