バンドのボーカルに必要な能力とは?

こんにちは!

本日はバンドのボーカルで大事な要素のお話をしてみようと思います。
他ではあまり見かけない記事かもしれないのでバンドをやっているボーカリストは勿論、バンドをやっている楽器の方はボーカルの人に教えてあげれると思うので是非ご参考下さい!

①ピッチ


ピッチは音程の事です。ボーカルレッスンに通ってる方は聞き馴染みがありますよね。
ピッチが悪いとお客さんは当然心地よく聞けません。
バンド演奏の中でピッチを取る上で大事な事はベースをよく聞いてあげる事です!
ギターじゃだめなの?と思う方もいるかもしれませんが、
ギターは上物と呼ばれる事もある通り、コード以外のプレイをしている事も多く、ボーカルのメロディラインと合っていない音を弾いてる事もありますので、ギターしか聞いていないとピッチが取り辛くなります。
その点ベースは名前の通りコードを支える基本の音を弾いてくれている事が多いのでベースの音を基準にボーカルの音を取る事になれるとピッチも安定します。
バンドでピッチを取る時は是非ベースの音をよく聞いてあげて下さい

②リズム


ボーカルで軽視されがちですが、リズムもとても大事です。
特に大事なのは止まるタイミング。
伸ばしたあとや、息継ぎの前など止まるタイミングが毎回バラバラだとお客さんは聞いてて違和感を感じやすいです。
またコーラスとも息を合わせる為にもしっかり音の止まるタイミングを共有して、お互いに意識するととても心地よいコーラスワークになります。

③表現力


これは色々な意見がありこれから書く事も正解の一部でしか無いです。
歌を表現する上で大事なのは歌詞の理解度
です。
自分で歌詞を書いた場合はその時思ってた事や、歌詞を書いてる時に考えた事などを意識して歌えば良いのですが、
人の歌を歌う時にはそれがわからないので、どれだけ歌詞の裏側を理解してあげれるかが大事です。
わかりやすく言うと「この歌詞を書いた人はこの時どういう気持ちで書いていたか」を理解して歌ってみて下さい。
それが理解できると自然と歌に出てきます。
またそれがステージ上でのパフォーマンスにも繋がってきます。
身体の動きも大事ですが、ボーカリストにおいて大事なパフォーマンスは表情です。
普段ボーカリストを見る時皆さんそうだと思いますがマイクを持ってる手や足の動きではなく顔を見ますよね。
歌詞を理解してそれを歌う表情がリンクするととても見ている側も歌詞に共感が出来る様になります。
なので是非人の作った曲を歌う時には歌詞をしっかり読み込んでみて下さい。

④発音、発声


これもボーカルレッスンではよく基礎練として発音、発声の練習やると思います。
上で歌詞の重要性を書きましたが、その歌詞が聞き取れないと意味が無いですよね。
歌詞がしっかり聞こえる様に発音して、バンドの音に負けないように発声をして、という事が大事になってきます。

以上バンドのボーカリストにおいて重要な要素を書いてみました。
是非ご参考にしてバンド活動に励んで下さい!

関連記事

  1. リズム感について

  2. リップロール

  3. 喉を締めないで声を出す方法

  4. 脱力感

  5. 腹式呼吸のやり方|自由が丘のボイストレーニング

  6. ボイストレーニングとライブ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。