ウクレレの木材

こんにちは。自由が丘ティールミュージックスクールです。
前回はアコースティックギターのサイドやバックによく使われる木材、マホガニーとローズウッドについて説明しましたが、今回はウクレレによく使われる木材についてです。
ウクレレ教室で生徒さんを教えていると、ボーカル教室に興味を持たれる方が多いのですが、手軽に持ち運びができて伴奏ができる!(和音が弾ける!)というのがウクレレ最大の特徴だと思います!

マホガニー

ギターの回でも登場しましたが、再登場です。笑
基本的にギターと同じで暖かい音がします。
ウクレレに使われる木材で、最も普及している木材の一つです。
そしてやはり軽い!笑
ここはアピールしておきたいですね。笑

コア

基本的にハワイでしか採れない木材で、このことからも、ハワイにルーツをもつウクレレによく使われる木材ということが分かりますね。
音は明るくカラッとした音がします。高音域に特徴がありますね。
ウクレレのみではなく、ギターで使われることもある木材ですが、こちらも最近は希少な木材となっていて見た目が独特な木材です。

余談ですが、私はオールコアのアコースティックギターを持っていて、10年以上メインで使ってきました。

今まで誰とも被ったことがないので、良かったなと勝手に思っております。笑

自由が丘のウクレレ教室、ティールミュージックスクールのHPはこちら

関連記事

  1. ウクレレを買う時に気を付けること

  2. Famous FS-3

  3. ウクレレのhigh(ハイ)G、low(ロー)Gって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。