最初に買うのはアコースティックギター?エレキギター?

こんにちは。自由が丘ティールミュージックスクールです。
今日はギター教室でもよく質問される
「最初に買うギターはアコースティックギター、エレキギターのどちらが良いですか?」
という質問にお答えしてみようかと思います。

結論から言ってしまえば、好きな方を買えば良いです。笑
しかし、どちらでも良いから迷っているという方もいらっしゃるので、両方のメリット、デメリットを解説していきたいと思います。

アコースティックギターを最初に買うメリット

最初にアコースティックギターを買うメリットは、何と言っても必要備品の少なさが挙げられると思います。
基本的にギター本体とチューナー、あとはピックがあれば、いつでもどこでも手軽に弾けるというメリットがありますね。
エレキギターに比べてギター本体の重量も軽いので、持ち運びも簡単です。
そして生音が素晴らしく、一つ一つの音をしっかりと確認できるので、良い音で弾けるように練習するという観点から見れば、アコースティックギターはとても魅力的なものだと言えるでしょう。

エレキギターを最初に買うメリット

最初にエレキギターを買う最大のメリットは弦の押しやすさだと思います。
エレキギターは電気の力を借りることができるので、アコースティックギターに比べて弦が細く、弦を押す時に指に負担がかかりません。
アンプやエフェクターを使って様々な音でギターを弾けるのも魅力の一つです。
音を歪ませればミスが目立ちにくいという人もいますね。笑
生音が小さい分、ヘッドフォンなどを使えば、騒音が気になる夜にも練習しやすいというメリットもあります。

アコースティックを最初に買うデメリット

アコースティックギターを最初に買うデメリットとしては、エレキギターに比べると弦を押さえるのに力が必要ということですね。
ただ、メリットで述べたように、そのおかけで音をしっかり鳴らせるよう練習できるという言い方もできます。
最近のアコースティックギターは弦高(ギターの指板から弦までの高さ)の低いギターも増えてきていますし、その点では、そこまで気にしなくて良い部分かもしれません。
女性や小学生の方は、比較的小さなギターを買うと弦が押さえやすいでしょう。
もう一点は、生音が比較的大きいため、夜の練習環境に気を配る必要があるということです。
ただ、この点に関しては、夜はピックを使わずに指弾きでアルペジオの練習を・・・といった形で対応することもできますね。
アルペジオについてはこちらを御覧下さい→アルペジオ

エレキギターを最初に買うデメリット

エレキギターを最初に買うデメリットとしては、揃えなくてはならない機材が少し多いことでしょうか。
エレキギターは生音が小さいため、アンプに通さないと、音を楽しむことが難しくなります。
アンプとエレキギターを繋ぐシールドや、好みの音を出すためのエフェクターも必要になるかもしれません。
ただ、最近は初心者セットとしてエレキギターを始める際に必要な備品が全て入って売られているケースもあります。こういったものを使ってみるのも一つの手ですね。
備品の中でも気を付けたいのはアンプです。
最低でも音を歪ませることができるアンプを買うといいでしょう。ロックを演奏したいのに、クリーントーンしか出ないアンプを使っていると、音を歪ませるためにエフェクターを購入することになると思います。
少しいいアンプを買って、色んな音を楽しめるようにするのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アコースティックギターを最初に買うのか、エレキギターを最初に買うのか、迷ってる方も多くいらっしゃると思います。
色々とメリット、デメリットを書いてきましたが、最後は自分のハートに聞いて下さい。笑
ワクワクするギターを買うことが大切です。
そうすれば、素敵なギターライフが始まりますよ!

関連記事

  1. 耳が鍛えられる!?|チューニングの極意

  2. アコギのピックアップ

  3. どんなアコースティックギターがいい?

  4. ショートスケールのギターってどうなの?

  5. アルペジオって何?

  6. ギターは楽器屋さんで買うといい!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。